概要

湿板写真の手順

湿板写真を行うにはどのような工程が必要なのか?
その作業工程を簡易的にご紹介するのがこちらのページです。
アナログ的技法の写真の大半は薬品は異なるものの、大まかな作業工程は近いものになります。それが現像、停止、定着という工程です。
今回ご紹介する作業は工程をお見せするすることが目的のため、暗室で行う作業も明るくして撮影しています。
ですので、この作業はあくまでも手順紹介であり、この通りに作業することで確実に湿板写真が撮影できるということを提示したものではないことをどうかご了承ください。
また、湿板写真の作業工程は制作者により大幅に違います。

作業1

フィルムを作る1

湿板写真は一言でいえば、フィルムを自身で作り撮影する技法です。
そのためにはフィルムの元になる薬品を調合し準備をする必要があります。
調合しおよそ一ヶ月ほど熟成させた薬品をガラス板に均一に、薄く流していきます。

作業2

フィルムを作る2

流し、余った薬品は瓶に回収し再利用することができます。この際、できるだけ四隅に薬品が溜まらないようにすることがコツです。
その後、暗室下で硝酸銀水溶液に薬品を塗布したガラス板を適切な時間(環境で時間が変化)浸漬し光に反応する状態にしていきます

作業3

フィルムを作る3

これが出来上がった(フィルムになった)状態です。透明に近い状態だったガラス板が乳白色の不透明へと変化しているのが特徴です。
出来上がったフィルムは乾かないうちに暗室下で速やかに光に当たらないようホルダーにセットします。
(硝酸銀水溶液に浸漬させる工程からホルダーへのセットまでは本来、暗室下で行います)

作業4

撮影1

ホルダーの目的は撮影する前に必要のない光に当たらない状況を作ることと、カメラにセットし適切な状況下でフィルムに光が当たり撮影できるようにすることです。
ホルダーはカメラにより形状が異なり、必要な場合は自作することがあります。

作業5

撮影2

決まった場所へ行き、構図を調整します。
構図の調整やピントの調整はカメラのピントグラス(画像右中央のすりガラス)にて確認することができます。
調整にはカメラに暗幕をかぶせることでより見やすくなります。
構図の調整はカメラやモデルさんの位置調整で、ピントは蛇腹カメラの場合は蛇腹の伸縮で調整します。

作業6

撮影3

古いレンズを使用し撮影する場合、大半のレンズにはシャッターの機構がありません。
それは湿板写真などの写真技法は数秒間ほどの長時間露光が基本的に必要なためです。
シャッター(ソルントンシャッターなど)の後付けはできますが、基本はレンズについている蓋の開け閉めを手で行うことによりシャッターを切ります。
そして一番肝心なことは、湿板が近紫外線領域に近い光(目に見えない光を含む)で撮影を行うため、適切な露光を感覚で掴み取る必要があることです。
出来上がったフィルムの感光する度合い、必要な絞り値、適切な露光を把握しましょう。

作業7

現像

撮影したフィルムはホルダーに入れた状態で暗室へと持ち帰り、現像作業を行います。
撮影したフィルムは撮影前と見た目がほとんど変わらず、乳白色のままです。事前に作った現像液をフィルムに満遍なく素早く浴びせることで次第に見えなかった像がゆっくりと見えるようになります。像が現れるようにする工程、それが現像です。
なお、現像液は一般的な現像液ではなく湿板のための現像液を作る必要があります。
(フィルムをホルダーから取り出し、現像から停止までは暗室で従来行います)

作業8

停止

停止とは現像液を浴びせ放置したままだと現像が進んでしまう状態を停止させる工程です。
像が浮かび上がり、適切な現像の状態で水道水または蒸留水を全体に浴びせます。

作業9

定着1

停止を行った状態では黒い布にガラス板を敷いてもポジに反転することはありません。それは余分な薬品が本来黒になる部分に乳白色の状態で残っているためです。
定着液(一般的なもの)に適切な時間浸漬することで還元させます。

作業10

定着2

定着液に浸漬する際、定着液が入った器が黒い場合は非常に面白い現象を見ることができます。
乳白色の部分が消えていき、次第に写真にポジ像が浮かび上がっていきます。

作業11

定着3

完全に乳白色が消え、適切に定着が終わったと判断したら定着は終了です。
写真の定着液が付着している状態は写真へ将来的に大きな劣化の原因を生み出します。
定着液を綺麗に水洗し(少なくとも30分以上)乾燥させて出来上がりです。

作業12

完成

乾燥処理を施せば世界に一枚だけの写真の出来上がりです。
また、長期保存を望む場合はバーニッシュ(特製ニスを使ったニスがけ)を表面に行います。